四季の始まり春といえば暖かい季節

四季の始まりと言えば春。3月から5月までの3ヶ月間をいい世間では暖かい春とよく言います。しかし日本の北と南では同じ春でも暖かさはまるで違います。

北海道の4月の平均気温は10度前後で一般的に考えるとぽかぽか陽気とはとても言えないと思います。逆に沖縄の平均気温は20度以上もありこちらはぽかぽか陽気なんて通り越して暑いと感じてしまうことのほうが多いのではないでしょうか。

四季の始まり春といえば暖かい季節

テレビを見ていてもまだ冬のなごりで雪が降り積もり暖かさを求めるコメントを聞いたと思えば、まるで夏かと思うような装いでインタビューを受けている人を見たりと春という季節の幅広さを感じます。

全国的に夏は暑く冬は寒いとどこに行ってもその土地では聞かれる言葉ですが、春や秋など暑さと寒さの移り変わる微妙な季節は地域によって気温・感じ方が違うため体感温度にばらつきが出てくると思うのです。それでも厳しい冬を過ごしてきた後の春は待ち遠しくなるものですよね。

そんな寒い春と暑い春の違いが出ても全国共通するものがあります。それは卒業・退職・転勤・引越しなど寂しい気持ちになることが一番多くある季節です。しかしその寂しい別れを経験すると次に新しい出会いへと繋がることも多くあります。また春は恋の季節とも言いますよね。

春の気候は寒かった冬も終わりぽかぽか陽気に気持ちもつられより一層新しい恋への後押しとなってくれるのです。映画も春になると恋愛ものが増えてきます。胸がキュンキュンしてきてこんな恋がしてみたいと思うような映画を見ずにいられません。

特に学園ものの映画は3年間一緒に過ごした相手へ卒業間近離れ離れになる前に告白するというような内容は定番です。このような映画に触発され結果はどうあれ実行に移した人も多いのではないのでしょうか。また新しく出会う場所での恋愛もよくある話です。

新しい環境でわくわくし舞い上がっていたり、慣れない生活に悩んでいるとき、ポンと入ってきては何かと気にかけてくれる相手は恋に落ちる決定的な材料です。でもそれは危険な恋の始まりに過ぎません。

気持ちが落ち込んでいるときの優しさは誰でも求めているので実はそれを恋愛と勘違いしてる場合が多いのです。春にありがちな浮かれ気分には気をつけましょう。ということでいろんな感情が入り混じる春の季節を全国的の皆さんはどのように過ごしているか、さらに春と言えば春ならではのものをいろいろと調べてみました。